SDGsの取組について

 

 

SDGsの取組について

 

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、人と地球の未来のために2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

丸喜㈱齋藤組の取組について

 

 

SDGs-PR1.jpg

 

 

SDGs-PR2.jpg

 

SDGsPR2.jpg

 

 

SDGs-PR4.jpg

 

丸喜 株式行社 齋藤組は、SDGs、持続可能な開発目標に賛同し支援しています。大切な地球環境のために、ボーダーを超えて、 協力しあい、問題を克服していく、 そして、豊かで活力のある社会の実現を目指します。 未来はわたしたちの手にゆだねられています。 地域社会で普遍的に活動できる範囲でこれらの目標を達成するために当社はマテリアリティ(重要課題)への取り組みを通し、SDGsの達成に向けて貢献していきます。

 

SDGsにはどのように取り組めばよいのでしょうか。循環型社会の実現を目指すSDGs、あらゆる人が活躍できる場をつくるSDGs、環境や社会に配慮したビジネスで推進するSDGs、達成に向けた様々なアクションが皆さんの身近なところでも始まっています。日本、そして地球の未来をかえるのはわたしたちしかいません。さあ、持続可能な未来に向けて、一緒に歩み始めましょう。

 

建設業を通して豊かな街、文化、美しい未来を創造する会社を目指し、 地域の皆様の大切な声、時代の要請に応えるべく「できるできる、かならずできる。」の精神で、 自由に輝ける社会を目指します。