スカイブリッジ太陽光発電所

スカイブリッジ太陽光発電所

 

 

・敷地面積 856.28㎡

・太陽光モジュール 576(192×3)枚

・発電規模 49.0kW × 3基(147.0kW)

 

 

「スカイブリッジ太陽光発電所」は

県民に最も身近な県管理道路において道路空間を活用した、

再生エネルギーロード推進事業の活用事例のひとつです。

道路高架橋下など、未利用地を太陽光発電用地として有効活用しています。

 

 

これからの環境に挑む

 

太陽光発電は、資源が枯渇せず繰り返し使え、

発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となるCO₂をほとんど排出しない

地球にやさしく優れた、注目のエネルギーです。

 

日本のエネルギー自給率はわずか5%で、

エネルギーの供給のうち、石油や石炭、

天然ガスなどの化石燃料がその8割以上を占めており、

そのほとんどを海外に依存しています。

再生可能エネルギーの導入拡大により、

環境関連産業の育成や雇用の創出といった経済対策としての効果、

極めて脆弱といわれている日本のエネルギー構造を改革し、

クリーンで豊かな未来を創造します。

 

※ISO認証対象外です。