丸喜株式会社斉藤組

新青森県総合運動公園陸上競技場

地球にやさしい、地域に愛される ”みんなの夢舞台”

県有体育施設のうち、『陸上競技場』が昭和41年の竣工から築45年を超え、老朽化が著しい状況にあるため、新青森県総合運動公園内に移転、新築。

整備済みの既存施設との一体的な利用が可能となり、国体等各種大会やプロスポーツなど様々な競技での利用、合宿所を利用した選手強化策の展開等が円滑に進められ、 更なるスポーツ振興が期待されます。

 

ーコンセプトー

競技意識を高める

・高速タータンウレタン舗装

・積雪期でも練習を可能にする屋内雨天走路

・歓声が間近で聞こえるスタンド構成

 

スタンドでの躍動感

・フィールドと一体感を生むスタンド構成

・個人からグループまで対応した多様なシート

・ユニバーサルデザインによるバリアフリー計画

 

フレキシブルな大会運営

・各種大会に対応する多様な施設構成

・選手、観客、運営、VIPの受け入れ設備

・国体、各種競技大会、Jリーグの招致

 

地球にやさしいみんなのスタジアム

・雨水の利用

・自然エネルギーの利用

・環境に配慮した県産材の利用

 

安心、安全

・受水槽は災害時の貯水タンクとして有効

・停電時の電力をナイター用の発電機がバックアップ

・災害時に、避難、救護、物資輸送等、様々な利用ができるフィールド、観客席等大空間

 

名称 新青森県総合運動公園陸上競技場新築工事
場所 青森県青森市大字宮田字高瀬外地内(施工地内)
発注者 青森県
設計監理 株式会社伊藤豊雄建築設計事務所
施工者 大林組・丸喜齋藤組・西村組 JV
建築面積 18,466㎡
延床面積 28,812.59㎡
規模 地下1階、地上4階
構造 鉄筋・鉄骨コンクリート造
工期 2015年12月21日~2018年12月10日